脂肪吸引による豊胸術の方法

脂肪吸引で胸を大きく!さてその方法とは?

豊かにしたいバストはぺたんこで、すっきりしたいお腹はお肉がたっぷり。そんな自分の身体に溜息をついている方は多いでしょう。頑張ってダイエットや運動をしてみても肝心の胸から痩せてしまって減らしたいところはそのままだったりして。なかなか上手くいかないものです。もっと確実に効果のあるバストアップ法はないのかしら、と思い悩む女性達が注目しているのが脂肪吸引です。

脂肪吸引の手術方法はクリニックによって違いがあります。より患者の体の負担を少なくする為に日々研究が進められているのです。基本的な方法だけのべますと、まず脂肪細胞を薬または超音波などを使って柔らかくします。その後カニューレと呼ばれる吸引管や注射器で柔らかくなった脂肪細胞を吸引することで、望んだ部位の余分な脂肪を減らすことが出来るというわけです。脂肪細胞とは脂肪の合成、分解、蓄積を行う細胞で、この細胞の大きさによってボディラインが変わってきます。吸引によって吸いとった脂肪細胞を利用するバストアップの方法を『脂肪注入法豊胸術』といいます。

この方法は脂肪吸引で自分の体から吸いとった脂肪を今度はバストに注入するというものです。他の豊胸術のように異物ではなく自分の細胞を注入しますので後遺症の心配が少なくて済み、またバストラインに不自然な硬さがありません。1.5から2カップ程度のバストアップが望めます。

この方法の弱点は生着率が低いことです。生着率とは手術後、バストアップした胸の形が保たれている期間のことです。もともとが自分の細胞ですので体内に吸収されやすいのです。しかしその弱点を克服する手術方法も開発されています。『脂肪幹細胞移植』という方法です。幹細胞というのは身体の様々な組織や臓器に成長する大元の細胞のことです。脂肪幹細胞は脂肪へと変化する設計図を持っているのです。脂肪吸引で採取した脂肪から幹細胞を抽出し、残った脂肪とともにバストに移植すればこの幹細胞のおかげで脂肪は安定し生着率が高くなるというわけです。

先にも書きましたが脂肪注入による豊胸手術の方法は日々進歩し、各クリニックによって違いがあります。手術後のアフターケアもせっかく魅力的になったバストを保つ為には重要なことです。残念ながら手術の後、脂肪壊死などによるしこりが発生してしまったという例もあります。口コミやネットで充分にクリニックの情報を集めて安心して任せられるお医者さんを見つける。まずはそこから始めましょう。