大胸筋 バストアップ

大胸筋を鍛えてもバストアップは無理!ズバリやり方が間違いだった

バストアップするのに薬なんかに頼りたくないと、サプリメントもクリームも使って来なかった女性がいました。その方は筋トレや食べ物でなんとかならないかとやってきたそうですが、何故か失敗しましたと悲しげです。どういうことかと尋ねてみたところ「大胸筋を鍛えてバストアップって言うじゃないですか。でも、バストが逆に減っちゃった気がするんです」とのこと。どういうことなのでしょうか?

まず大胸筋ですが、バストの下にある筋肉のことを指します。誰しも持っているものですので、これを鍛えてバストアップは確かにいいのではと思いがちですが、実はこれもやり過ぎることで逆に良くない結果を生み出してしまうのです。

大胸筋を鍛えるように筋トレをしてみたところ、上向きバストが作られるはずだったのに、何故かただの脂肪の無い硬そうなバストになってしまったということでした。何故なのでしょう?バストの柔らかな脂肪まで筋トレで燃焼してしまったということだったのです。じゃあ大胸筋を鍛えてもバストアップは出来ないの?ということですが、それもまた間違いです。実際にそれでバストアップに成功している人はいます。つまりはやり方が間違っているのです。

まず筋トレをする時は生理前から生理期間の頭の方だけ。それ以外は毎日筋トレをゆっくりするだけでOK。生理前のバストが張ってきた感覚がしたら筋トレ開始です。やり方はゆっくりと時間をかけて腹筋、背筋、大胸筋を鍛える動きをするだけ。どれもこれもそこまで負荷のかかるものを選ばずいいですよ。しかも音楽を聞きながら、リラックスしながらやりましょう。そして回数はちょっと疲れたなと思うまでなので、十回程度でいいでしょう。たったそれだけで張りで膨らんだままのバストが、アンダーのみ減っていき、ウエスト、背中と脂肪がそげていき、気がつけばトップサイズだけ変化の無いメリハリボディに変化してしまうのです。

何事もやり過ぎはよくないということですね。必要なバストサイズのために、ゆっくりとストレスフリーで頑張りましょう。目指せメリハリボディ♪