コラーゲンってどんな働きをしているの?

お肌だけじゃない!バストアップのためにコラーゲンは必要なんです!

コラーゲンが美肌に必要なのは、いまさら説明することでもありませんね。そのため女性をターゲットとして、肌から吸収できるようクリームなどに配合されていたり、コラーゲンそのものを経口摂取するため顆粒タイプの商品やコラーゲンたっぷりのドリンクが開発されたりと、枚挙にいとまがありません。

そんな大人気のコラーゲンを必要としているのは、肌だけではありません。コラーゲンとはたんぱくしつの一種で、筋肉や内臓など全身の組織に含まれていて、細胞をつなぎとめる役割をしています。糊のようなものですね。そしてこの糊がたっぷりしていれば、細胞もしっかりと正しい位置で定着することでき、体の線が崩れることも少なくなるのです。もちろん、人間の体はそんなに単純なものではありませんので、これはとても極端な例えなのですが。

コラーゲンを外から補ったところで意味が無い、という話を聞いたことはありませんか?これは正解でもあり不正解でもあります。人体のコラーゲンは体内で生成されるものであり、魚介性や動物性のコラーゲンがそのまま置き換わることはありません。そういった意味では正解なのですが、肌に塗るコラーゲンは保湿成分として配合されており、体内のコラーゲンを増やす目的ではないため、意味が無いと言い切るには抵抗があります。

経口摂取も同様です。体内に摂取したコラーゲンは、いったんアミノ酸へ分解された後、またコラーゲンへと生成されます。こういった加工品からでなく、食事で得たたんぱく質から充分な量を生成できればよいのですが、時代の移り変わりと共に食生活が変わり、現代において、たんぱく質は不足しがちな栄養素のひとつなのです。ですから、いったん別の成分へ分解されるとしても外からコラーゲンを補うことは、無意味ではありません。

では、これをバストアップにどう活かすかといいますと、老化により肌がたるんでくるのは細胞をつなぎとめているコラーゲンが減少してしまうため。これをなるべく減らさず、細胞をぎゅっとつなぎとめておくことでバストのハリを保ち、トップが下がってくるのを食い止めようというわけです。ボリュームにかかわらず、ピンとしたハリのあるバストは魅力的ですからね。

バランスの良い食事で健康的にコラーゲンを生成していくことが理想ですが、最近食生活が乱れているなと感じたり、ちょっとバランスに自信がないなんていうときは、外から補ってみるのも一つの方法ですよ。