痩せ型の人の為のバストアップ法

痩せ型の人のバストアップはまず体質改善から

ほっそりとした体型がとても素敵な痩せ型さん。だけどそんな彼女達がよく嘆いているのがバストアップについてです。「バストアップによい食べ物やサプリメントを取っているのに効果がないの、そもそも肉が体につきにくいし」ということらしいのです。どうしてそうなってしまうのでしょうか?それはもしかしたら痩せ型さん特有の体質のせいかも知れません。

ダイエットやバストアップに興味のある女性ならば一度は基礎代謝という言葉を聞いたことがあると思います。基礎代謝とは私達の生命活動を維持するために使われるエネルギーのことです。たとえば、呼吸や体温の調節、睡眠を取るのにもエネルギーが使われているのです。よく基礎代謝が低いと太りやすいと言われていますが、実はその逆に痩せすぎてしまう人もいるのです。なかなか肉がつかないと悩んでいる人は、一度、自分の体をチェックしてみてください。冷え性で肩こりや生理痛がひどくありませんか?疲れやすく一晩眠っても体がだるかったりしませんか?胃腸が弱くて少食ではありませんか?思い当たることがあれば、あなたが太れない原因は基礎代謝の低さかもしれません。

基礎代謝が低いために痩せている人がバストアップをめざすには先に体質改善をする必要があります。体調を整え筋肉を増やしましょう。特別なことをする必要はありません。生活にちょっとした工夫を加えるだけで良いのです。まずは姿勢を意識してください。体がつらくていつのまにか猫背になっていたりしませんか?背筋を伸ばして下腹部を引いて腹式呼吸をしてください。腹式呼吸とは鼻からゆっくり息を吸っておなかに溜め込み今度は口からゆっくり息を吐くという呼吸法です。吐く時はおなかのなかの息を全部吐き出すつもりでへこませつつ吐いてください。血流がよくなり腹筋が刺激されます。正しい姿勢と呼吸が身についたら通勤時や買い物の時にウォーキングのつもりで歩いてみましょう。目線を遠くに据え腰から歩くつもりで足を踏み出してください。この時意識して膝を伸ばすようにすれば太ももの内側とお尻の筋肉が自然と鍛えられます。他にも眠る前に軽いストレッチなどをするのも効果的です。筋肉が柔らかくなり血流がよくなります。

体調を整えるには食事と睡眠が大切です。基礎代謝が低く痩せている人には胃腸が弱い人が多いので、太りたくて無理にたくさん食べても栄養がきちんと吸収されません。消化がよく高タンパクな豆腐やお麩、胃腸を整えてくれる納豆やヨーグルトを毎日の食事に取り入れてください。豆腐や納豆はイソフラボンも豊富なのでバストアップをめざす人には最適ですね。もちろん野菜もしっかりと食べましょう。また食事の時によく噛むことも大切です。噛まないまま食べ物を飲み込んでしまうと胃腸の負担になります。反対によく噛んで唾液を分泌させれば唾液中の消化酵素が助けてくれるのです。

睡眠時間は人によって適切な時間がありますが出来るだけ午後10時から午前2時の間は眠っていられるようにしましょう。この時間帯は成長ホルモンが分泌されて疲労の回復が行われます。痩せ型さんのなかには気を使いすぎてストレスを溜めてしまい、不眠気味になってしまう人も多いようですが、そういう時はアロマオイルの力を借りてみてはいかがでしょう。不安や緊張を和らげるカモミールやオレンジ系、心地よい睡眠へ誘ってくれるラベンダーなどがおすすめです。

体調を整え筋肉をつけて基礎代謝を高める。そうして整った身体はやがて豊かなバストラインを作ってくれます。焦らないで改善出来るところからひとつひとつ実行していきましょう。