Aカップ バストアップ

バストアップについて伝わる口コミのウソとホント

バストアップは女性にとって重要な問題ですよね。そのせいか世の中には様々な口コミがとびかっています。なんだかどれもウソっぽい、だけど、ちょっぴり本当のような?バストアップをめざす女性達は首を傾げることしきりです。では実際のところはどうなのでしょうか。

バストアップに関する口コミでもっとも有名なものは『一度太ってから胸を残して痩せることでバストアップ出来る』というものでしょう。確かに太って肉がついてくるとバストもふくよかになってきます。しかし、痩せる時は胸から痩せるという話もあります。以前、この方法で失敗した人と成功した人、両方とお話をしたことがあるのですが、片方は確かに元の痩せ型に戻ってしまっていました。成功したという彼女の方はちゃんとバストアップし、同時にヒップアップにまで成功したというのにです。二人の違いはどこだったのでしょう。話を聞いてわかったのは太るところまでは一緒でもその後のダイエット方法の違いでした。失敗した彼女は運動が苦手なので食事制限でダイエットをして、もう一人は出来る限りの運動をするという方法を取ったのです。

これはバストの構造を考えると納得出来る話です。バストは乳腺とそれを包んで守る脂肪で出来ています。そしてそれを支えているのは大胸筋という筋肉なのです。胸まで痩せてしまった彼女は脂肪とともに筋肉をも落としてしまったのでせっかく大きくなったバストも支えが無くて流れてしまったのですね。運動をしつつ痩せれば脂肪は落ちても筋肉がついてバストアップが出来るというわけです。『腕立て伏せをすると胸が大きくなる』という口コミがありますがこれも大胸筋を鍛えることになるので信用性が高いということになります。ですのでこの口コミの真偽は本当ではあるけれど太った後のダイエットの方法によっては結果が変わってくる、ということになるでしょうか。ただ二人ともに言っていたのは、一度太った後のダイエットはなかなかに大変なので身体を壊さないように気をつけなくてはいけないということでした。

『私は胸が小さいから垂れない』という人もいらっしゃいます。この口コミは残念ながらウソです。哀しいことに私の実体験です。当時は何もしていなかったのでさんざん後悔しました。バストはどんなに小さいサイズでも脂肪がついていて重さがありますので加齢とともに下がってしまいます。何の対策も取らなければ小さいバストがさらにしぼんでしまうのです。やはり運動やブラジャー、食べ物にも気をつけていた方がよいのです。

食べ物の口コミで有名なものは『鶏肉を食べるとバストアップ出来る』というものでしょうか。胸の大きい芸能人に唐揚げ好きが多いということから生まれた口コミだとか。鶏肉は良質なたんぱく質とコラーゲンを含んだ食品です。そしてバストを支える土台は筋肉なので鶏肉を摂取することはバストアップにつながると言っても間違いではありません。土台である大胸筋とともにバストを支えるクーパー靭帯はコラーゲン繊維組織で作られた束ですので、こちらにもよい栄養が与えられることになります。ですが、もちろん鶏肉だけをたくさん食べれば良いということではありません。他のバストアップに効果のある栄養を含んだキャベツなどの野菜や大豆製品などと一緒にとってバランスの良い食生活をしなくてはそもそも身体によくありません。この口コミは本当だけれどそればっかり食べていてもダメ、ということになります。

こうして考えてみると個人の体質差や方法の違いがあるので一概には言えませんがやはり女性の口コミはばかには出来ないと言えますね。

キャベツとバストアップの意外な関係!どんな食べ方が効果的?

キャベツは私達にとって、とても身近で色々な料理に使える冷蔵庫の常連ですよね。ビタミンCと繊維が豊富な栄養素的にも優れた野菜です。そのキャベツに実はバストアップに関係のある栄養素が含まれていることをご存知ですか?栄養素の名前はボロンといいます。耳慣れないこの成分がどんなものなのかをお話いたします。

ボロンとはホウ素ともいいます。野菜や果物に含まれるミネラルです。カルシウムやマグネシウムの代謝を調整して骨粗しょう症の予防をしてくれます。そしてバストアップに必要な女性ホルモンエストロゲンの活性化も促してくれます。バストは乳腺とそれを守る脂肪、脂肪を支える土台である大胸筋という構造になっています。バストアップにはこの乳腺の発達が重要です。それには女性ホルモンの活性化がかかせません。ボロンはそれを助けてくれるバストアップの味方なのです。

ではこのボロンをどうやって摂取するのが効果的なのでしょう。ボロンは熱に弱いという性質を持っていますので、食べ物で摂取する場合は生のままいただくのがオススメです。キャベツ以外にボロンが含まれている食材はリンゴ、ブドウ、大豆食品、生のナッツ類、海藻類などです。これらと他のバストアップに有効な成分を持つ食材と組み合わせてサラダとして食べるのはいかがでしょう。良質のたんぱく質を含む鶏肉とキャベツやリンゴのサラダはボリュームがありメインに出来ますし、イソフラボン豊富な豆腐と組み合わせればカロリーの低いダイエットにも適したサイドメニューとなります。

料理は苦手だし忙しくて時間がないという方はサプリメントで摂取しましょう。以前はボロンのサプリは主に骨を強くする目的で作られているものが多かったのですが、最近はバストアップ目的のものも発売されるようになりました。目的が違えばボロン以外の含まれている成分が違ってきます。バストアップをめざす方はやはりそれに適した成分が含まれているものの方が良いでしょう。

ただ、サプリメントで摂取する時は含用する量とタイミングをきちんと守りましょう。どんなに良い成分でもこのふたつを間違えれば副作用が起こってしまいせっかくのボロンの効果が無駄になってしまいます。自分に合った安全な方法でボロンを有効活用して望んだ通りのバストアップに近づきましょう。

自宅で即効胸を大きくする方法はありますか?

即効でバストアップする方法は色々あります。確実なのは豊胸手術なのですが、費用が安くないのがつらいところです。効果の大きいサプリメントも販売されていますが、続けて摂取をしなければならないので結局は費用がかさんでしまいます。お金をかけずに自宅で出来るバストアップの方法ってないのでしょうか?そういう悩みを持った女性達の間で話題になっているのがエクササイズとリンパマッサージです。

バストは母乳を作る乳腺とそれを守るための脂肪、バスト全体を支える大胸筋で構成されています。バストアップで大切なのは土台である胸筋を鍛えることと乳腺を発達させることなのです。大胸筋を鍛えるのは腕立て伏せが効果的ですが、筋力の少ない女性には続けることが難しいようです。無理せず続けられる簡単なエクササイズをふたつお教えします。

まず胸の前で両手を合わせてください。イメージとしては合掌をしているような感じです。肘はなるべく直角に曲げましょう。次にその手に力を入れて押し合います。大胸筋上部や二の腕がぷるぷるとしてきますが10秒我慢してその体勢をキープしてください。これを5回繰り返します。もうひとつはダンベルを使う方法です。両手にダンベルをそれぞれ縦に持ち胸の位置まで上げます。足は肩幅に開いて両肘は軽くわきにつけましょう。肘をなるべく動かさないで両腕をゆっくりと開いていきます。開ききったらゆっくりと閉じて元の位置に戻します。イメージとしては観音開きの戸を開ける感じです。これを10~15回繰り返します。

土台の訓練と同時にその上のバストのリンパマッサージも行いましょう。マッサージは皮膚に摩擦が生まれますので始める前に必ずマッサージクリームやジェルを塗っておきます。まず右手を左のわきの下にとおします。わきの後ろ側から肩へ向けてわきの肉を持っていく感じで動かしてください。次に肩のまるい部分を押すようにしてさすったあと、左腕を上にあげて二の腕からわきに向けて右手でリンパ液を流すイメージでマッサージします。そうして流れてきたリンパ液を四本の指で胸の中心から鎖骨の下を通して左肩に向かって流します。バストの間を首に向かって直線を描くようにこすりあげたあとは最後の仕上げに左腕をつけねから手首まで少しずつ指をずらしながら内側から外側へひねってください。終わったら身体の右側も同じようにマッサージします。回数はひとつの動作につき5回~10回が適切ですが、最初から無理はせず徐々に増やしていきましょう。バストの周辺とわきにはリンパ線が多く集まっています。そこをマッサージしてリンパ液の流れを良くすることで血行が改善し、女性ホルモンの分泌も促されてバストにハリが生まれるのです。

土台である大胸筋を鍛えバスト周辺のリンパ液の流れをよくすれば即効バストアップも可能です。行うのに効果のある時間帯はエクササイズは成長ホルモンが分泌される夜の就寝前、マッサージは血行がよくなり心身がリラックスしている入浴のあとがおすすめです。個人的にマッサージの時、「大きくなあれ」と唱えつつ行うと一段と効果が上がっている気がします。自分の身体を愛して育てようとする気持ちって通じるものなのです。

大きいだけじゃだめ?バストアップの悩み色々

豊かなバストに憧れて日々努力している女性はたくさんいらっしゃいます。それに応えて現代では様々な豊胸術やサプリメントが開発されました。だけど、女心は複雑です。ただバストが大きくなればそれでいいのかというと実は違いますよね?女性が真に望むのは大きいだけではない『美しい』バストなのです。ハリのある肌に包まれたバランスの良い形をしたバストを手にいれたいのです。

バストの形でよく聞く悩みは年齢とともにバストが下がってきた、というものです。まずは自分のバストをよく観察してみましょう。理想のバストの形としてよく言われるのは丸いお椀型をしていてバストトップの位置が肩と肘のちょうど真ん中かそれより上にあるというものです。もしそれより下でしたら残念ながらバストがやや下垂気味ということになります。

では何故バストは下がってしまうのでしょうか?その原因は筋肉とクーパー靭帯の衰えにあるのです。バストを支える筋肉は大胸筋といいます。バストの下の肋骨の上にありまさしく土台となってバストを支えています。大胸筋が土台ならばクーパー靭帯はバストの命綱です。コラーゲン繊維の束で乳腺を筋肉に繋いで下垂を防いでいるのです。このふたつの部位のケアが重要なのです。

大胸筋はエクササイズやマッサージで刺激を与えましょう。また肩甲骨のかたさも血行を悪くし大胸筋の衰えの原因となります。肩甲骨のかたい方は大抵が猫背です。姿勢を常に意識してください。ここで簡単に出来る肩甲骨が開き姿勢がよくなるエクササイズをご紹介します。タオルの両端を手に持ち腕を広げてそのまま頭の上を通って背中の方へとゆっくりまわしてください。まわしたら今度は逆に背中から頭の上を通って前へとゆっくり回します。これを往復3回繰り返してください。

クーパー靭帯は衰えて伸びてしまわないように守らなければなりません。守るために重要なのはブラジャーです。ノーブラで運動をしてバストを揺らしたり合わないブラジャーを身に着け続けていると靭帯にダメージが与えられてしまいます。購入する時はちゃんとサイズを計って試着をしましょう。夜の就寝時もバストが流れるのを防ぐために本当はブラジャーをしていた方が良いのですが、そうすると寝苦しいという人は就寝時用のナイトブラジャーを試してみてください。

次に肌についてです。バストを包む肌にハリが足りないことを悩む方が多いようです。これはバストをマッサージする時に使うクリームやオイルがポイントです。保湿効果のあるクリームを使えば肌にハリがでます。オイルでしたら女性ホルモンに働きかけてくれるイランイランが含まれているものがおすすめです。

形や肌とともに悩んでいる方が多いのがバストトップに関してのことです。特に色の黒ずみをどうにかしたいという声が大きいようです。黒ずみの原因はメラニン色素です。バストトップは赤ちゃんに母乳を与える大事な器官なのでそれを保護する為に、また母乳を吸う赤ちゃんへの目印になるように、もともとメラニンの沈着が起きやすくなっているのです。でも、だからと言ってみずみずしいピンク色のトップを諦めきれませんよね。原因はメラニンなのですから対策は肌に対する美白と一緒です。フェイス用の美白化粧品をトップにも同じように使ってもよいですし、バストトップ専用の美白クリームも販売されています。ただし、トップは敏感な場所ですので、含まれている成分が自分に合っているかどうか十分に注意しつつ使ってください。

女性の味方イソフラボンで美味しくバストアップしましょう

イソフラボンはバストアップをめざしている女性ならば無視することは出来ない成分ですよね。バストアップだけではなく更年期障害をやわらげ骨粗粗鬆症を防いでくれたりもするまさしく女性にとってはいいとこずくめの成分です。ですが、意外とイソフラボン自体に関しては知られていないことが多いようです。

まず、イソフラボンはよく知られているように大豆に特に多く含まれる栄養素です。フラボノイドの一種で女性ホルモンのひとつエストロゲンと似た働きをしてくれます。バストアップに大切なのはホルモンバランスを整えて乳腺を発達させることですのでエストロゲンの不足を補ってくれるイソフラボンはとても大切です。

実はこのイソフラボンには2種類の型があります。ひとつをグリコシド型、もうひとつをアグリコン型といいます。ふたつの型の大きな違いはその吸収率です。グリコシド型は腸内でアグリコン型に変化しなければ身体に吸収されません。その為、一般にはアグリコン型の方が吸収率が高い傾向があるとされています。ですが体質によってはグリコシド型でもアグリコン型でもそれほど吸収率は変わらないという説もありますので一概には言えません 。グリコシド型は納豆、豆腐、厚揚げなどの大豆製品に含まれアグリコン型は味噌などの大豆を発酵させた食品に含まれています。

ではイソフラボンをどういう風に摂取すれば体に有効なのでしょうか?成人女性におけるイソフラボンの理想的な摂取量は1日に40㎎~50㎎が理想的とされています。これを食品に換算しますと、納豆ならば1パック(60g)、豆腐ですと約半丁(150g)、厚揚げならば半枚(100g)となります。一日3食が和食という習慣の方でしたら自然に取り入れられる量ですね。洋食派や外食が多くてなかなか難しいという方は豆乳を飲みましょう。豆乳の1日の理想摂取量は125mlです。豆乳は吸収率が良いので朝のコーヒ-を豆乳に変えるだけで充分です。イソフラボンの含まれたきな粉と甘い蜂蜜を混ぜて温めればおやつにぴったりです。お腹に入ったイソフラボンは腸内細菌の働きによってグリコシド型からアグリコン型にされて吸収されますので、きちんと摂取する為には腸内環境を整えておくことが大事です。ヨーグルトや納豆がその助けとなってくれます。

痩せ型の人のバストアップはまず体質改善から

ほっそりとした体型がとても素敵な痩せ型さん。だけどそんな彼女達がよく嘆いているのがバストアップについてです。「バストアップによい食べ物やサプリメントを取っているのに効果がないの、そもそも肉が体につきにくいし」ということらしいのです。どうしてそうなってしまうのでしょうか?それはもしかしたら痩せ型さん特有の体質のせいかも知れません。

ダイエットやバストアップに興味のある女性ならば一度は基礎代謝という言葉を聞いたことがあると思います。基礎代謝とは私達の生命活動を維持するために使われるエネルギーのことです。たとえば、呼吸や体温の調節、睡眠を取るのにもエネルギーが使われているのです。よく基礎代謝が低いと太りやすいと言われていますが、実はその逆に痩せすぎてしまう人もいるのです。なかなか肉がつかないと悩んでいる人は、一度、自分の体をチェックしてみてください。冷え性で肩こりや生理痛がひどくありませんか?疲れやすく一晩眠っても体がだるかったりしませんか?胃腸が弱くて少食ではありませんか?思い当たることがあれば、あなたが太れない原因は基礎代謝の低さかもしれません。

基礎代謝が低いために痩せている人がバストアップをめざすには先に体質改善をする必要があります。体調を整え筋肉を増やしましょう。特別なことをする必要はありません。生活にちょっとした工夫を加えるだけで良いのです。まずは姿勢を意識してください。体がつらくていつのまにか猫背になっていたりしませんか?背筋を伸ばして下腹部を引いて腹式呼吸をしてください。腹式呼吸とは鼻からゆっくり息を吸っておなかに溜め込み今度は口からゆっくり息を吐くという呼吸法です。吐く時はおなかのなかの息を全部吐き出すつもりでへこませつつ吐いてください。血流がよくなり腹筋が刺激されます。正しい姿勢と呼吸が身についたら通勤時や買い物の時にウォーキングのつもりで歩いてみましょう。目線を遠くに据え腰から歩くつもりで足を踏み出してください。この時意識して膝を伸ばすようにすれば太ももの内側とお尻の筋肉が自然と鍛えられます。他にも眠る前に軽いストレッチなどをするのも効果的です。筋肉が柔らかくなり血流がよくなります。

体調を整えるには食事と睡眠が大切です。基礎代謝が低く痩せている人には胃腸が弱い人が多いので、太りたくて無理にたくさん食べても栄養がきちんと吸収されません。消化がよく高タンパクな豆腐やお麩、胃腸を整えてくれる納豆やヨーグルトを毎日の食事に取り入れてください。豆腐や納豆はイソフラボンも豊富なのでバストアップをめざす人には最適ですね。もちろん野菜もしっかりと食べましょう。また食事の時によく噛むことも大切です。噛まないまま食べ物を飲み込んでしまうと胃腸の負担になります。反対によく噛んで唾液を分泌させれば唾液中の消化酵素が助けてくれるのです。

睡眠時間は人によって適切な時間がありますが出来るだけ午後10時から午前2時の間は眠っていられるようにしましょう。この時間帯は成長ホルモンが分泌されて疲労の回復が行われます。痩せ型さんのなかには気を使いすぎてストレスを溜めてしまい、不眠気味になってしまう人も多いようですが、そういう時はアロマオイルの力を借りてみてはいかがでしょう。不安や緊張を和らげるカモミールやオレンジ系、心地よい睡眠へ誘ってくれるラベンダーなどがおすすめです。

体調を整え筋肉をつけて基礎代謝を高める。そうして整った身体はやがて豊かなバストラインを作ってくれます。焦らないで改善出来るところからひとつひとつ実行していきましょう。

プラセンタでなぜバストアップ出来るの?その効果と使い方

プラセンタとは日本語で言うと胎盤という意味です。胎盤は妊娠中に子宮の内側に作られます。赤ちゃんはへその緒を通して胎盤から酸素や栄養を与えられ成長していくのです。サプリメントや化粧品でプラセンタエキスとして使用されているのはそういう栄養たっぷりの胎盤からの抽出物で細胞分裂を促進する成長因子や各種栄養素を含んでいます。

プラセンタには色々な種類があります。まず一番多用されているのは哺乳類から抽出されたものです。人の胎盤から抽出されるプラセンタは医療用にしか使われません。サプリメントや化粧品に使われるのは豚から抽出されたものが多いのです。これは人と豚の細胞組織が似ているからです。また最近は馬由来のものも注目を集めています。含まれるアミノ酸の量が豊富で豚よりも種類が多いのがその理由です。他には魚由来のものと植物由来のものがあります。もちろん、魚にも植物にも胎盤はありません。魚は卵を包み保護する卵巣幕から、植物は芽を出す胚芽から抽出される成分をこの場合プラセンタとしています。

では、なぜプラセンタを摂取することがバストアップにつながるのでしょうか。バストの大きさは乳腺の発達の程度で左右されます。乳腺を保護する為に体が集めた脂肪―それが女性のバストなのです。乳腺の発達を促すのは女性ホルモンです。この分泌が少なければ乳腺は発達せず同時にバストも大きくなりません。プラセンタには女性ホルモンは含まれていませんが、卵巣からのホルモンの分泌を調節する効果があるのです。女性ホルモンの不足で乳腺が発達していなかった女性はプラセンタを摂取することによってバストにハリをもたらすことが出来るというわけです。

プラセンタの摂取法はいくつかあります。有名なのは美容皮膚科などで行われるプラセンタ注射ですね。これは大体1~3ヶ月でバストアップ効果が見られるそうです。しかし、何回も繰り返し摂取しなければならないのと美容目的での場合は保険が適用される確率が低く治療費が高くなることがネックです。またプラセンタの成分が人の胎盤からのものであるため日本赤十字社の方針で注射を受けた人は献血が出来なくなります。感染リスクを避けるための規則です。

ドリンクやサプリメントでの摂取は注射に比べて効果があらわれるのが遅いとされています。しかし注射に比べて安価であることと自宅で続けられる簡単さが忙しい日々を送る人には向いています。美肌目的であれば経口摂取が最も効果的という説もあります。

プラセンタの効果は摂取量に比例します。ですが最適な量は人それぞれ。摂取量が多すぎるとにきびや生理の時の出血量が増えるなどの副作用が起こることもあります。摂取する時は説明書をよく読み、少しずつ量を増やして自分の体に良い効果をもたらしてくれる最適量を見つけましょう。

豊かな胸元作りは朝食から?見直そう朝の食生活

バストアップには女性ホルモンの分泌が重要です。その為にはホルモンバランスを整えるよう普段から生活習慣に気を付けなけければいけません。特に食事は大切です。そのなかでも一日の最初に摂取する朝食は生活リズムを決定づけます。忙しい方は寝坊してしまったり食欲がなかったりしてついついおろそかにしてしまいますが、朝食を抜くことは生活リズムだけでなくホルモンバランスの乱れのもとにもなってしまうのです。

バストアップをめざす女性にとって理想の朝食はイソフラボンを含んだ食材を使ったものです。嬉しいことに日本の伝統的な朝食にはイソフラボンが豊富なメニューが揃っています。まずはお味噌汁。イソフラボンには2種類の型があり味噌に含まれるアグリコン型は吸収率がよくホルモンバランスの乱れを整えてくれます。同じくイソフラボンが含まれているお豆腐やビタミンたっぷりの野菜などを入れて具だくさんにすれば、手軽に作れて栄養バランスもばっちりな一品となります。納豆もまたはずせません。卵や葱と混ぜていただく定番の食べ方も良いのですが、実はお味噌汁にいれると意外と美味しいのです。組合せの具は油揚げや葱、夏ならばオクラがよく合います。主食は玄米ご飯がオススメです。玄米はビタミンB1、B2が白米より豊富に含まれています。B1には血行促進、B2には皮膚細胞の再生をうながす効果がありますので大きいだけではない美肌なバストに近づけてくれます。

体質的にどうしても朝は食欲が無いという方もいらっしゃるでしょう。そういう方には食事のかわりに果物をオススメします。ビタミンB群が豊富ですぐエネルギーになってくれるバナナ、バストアップにつながる栄養素ボロンを含む梨やリンゴなどをヨーグルトや牛乳と一緒にいただくとバランスの良い朝食となります。ただし、果物は体を冷やしてしまう食べ物でもあるので冷え性の方は気をつけてください。冷え性の方が果物で朝食を済ませる時は体を温める生姜を一緒に摂取しましょう。すった生姜を紅茶や白湯にくわえて飲んでみてください。特に白湯と果物を一緒に摂取しますと体内の老廃物が排出されやすいとされています。それぞれの体質に合わせた朝食の取り方を見つけて健やかな生活と豊かなバストを手にいれましょう。

脂肪吸引で胸を大きく!さてその方法とは?

豊かにしたいバストはぺたんこで、すっきりしたいお腹はお肉がたっぷり。そんな自分の身体に溜息をついている方は多いでしょう。頑張ってダイエットや運動をしてみても肝心の胸から痩せてしまって減らしたいところはそのままだったりして。なかなか上手くいかないものです。もっと確実に効果のあるバストアップ法はないのかしら、と思い悩む女性達が注目しているのが脂肪吸引です。

脂肪吸引の手術方法はクリニックによって違いがあります。より患者の体の負担を少なくする為に日々研究が進められているのです。基本的な方法だけのべますと、まず脂肪細胞を薬または超音波などを使って柔らかくします。その後カニューレと呼ばれる吸引管や注射器で柔らかくなった脂肪細胞を吸引することで、望んだ部位の余分な脂肪を減らすことが出来るというわけです。脂肪細胞とは脂肪の合成、分解、蓄積を行う細胞で、この細胞の大きさによってボディラインが変わってきます。吸引によって吸いとった脂肪細胞を利用するバストアップの方法を『脂肪注入法豊胸術』といいます。

この方法は脂肪吸引で自分の体から吸いとった脂肪を今度はバストに注入するというものです。他の豊胸術のように異物ではなく自分の細胞を注入しますので後遺症の心配が少なくて済み、またバストラインに不自然な硬さがありません。1.5から2カップ程度のバストアップが望めます。

この方法の弱点は生着率が低いことです。生着率とは手術後、バストアップした胸の形が保たれている期間のことです。もともとが自分の細胞ですので体内に吸収されやすいのです。しかしその弱点を克服する手術方法も開発されています。『脂肪幹細胞移植』という方法です。幹細胞というのは身体の様々な組織や臓器に成長する大元の細胞のことです。脂肪幹細胞は脂肪へと変化する設計図を持っているのです。脂肪吸引で採取した脂肪から幹細胞を抽出し、残った脂肪とともにバストに移植すればこの幹細胞のおかげで脂肪は安定し生着率が高くなるというわけです。

先にも書きましたが脂肪注入による豊胸手術の方法は日々進歩し、各クリニックによって違いがあります。手術後のアフターケアもせっかく魅力的になったバストを保つ為には重要なことです。残念ながら手術の後、脂肪壊死などによるしこりが発生してしまったという例もあります。口コミやネットで充分にクリニックの情報を集めて安心して任せられるお医者さんを見つける。まずはそこから始めましょう。

年齢に負けない!バストアップに挑戦するのを諦めないで!

何歳になっても美しいバストを保ちたいというのはすべての女性にとっての切実な願いですよね。だけど、加齢とともに私達の体はどうしても変化していきます。豊かだったバストの形が垂れ下がってしまう可能性は高いのです。それでも、そこで簡単に諦めてはいけません。努力を続けていれば30代40代でも美しくバストアップすることは出
来るのです。加齢に負けないバストアップの方法をいくつか紹介させていただきます。

加齢とともにバストが垂れてしまう原因は筋肉の衰えと女性ホルモンの減少にあります。バストの上部にある筋肉を大胸筋上部といいますがこれを鍛えることが大切なのです。バストは10%が乳腺組織、90%が脂肪組織で構成されています。この脂肪を支える土台となっているのが大胸筋です。運動が好きでジムなどに通っていらっしゃるという方はベンチプレスや腕立て伏せなどで鍛えることが出来ますが、時間もないし運動は苦手という方も多いでしょう。そんな方の為に簡単なエクササイズをご紹介します。

まず腕の前で両手を合わせて合掌のポーズを取ります。そのまま手を左脇の前へとずらし10秒程そのままの姿勢でいてください。筋肉が凝っていると少し痛いかもしれませんがそこは我慢です。10秒たったら手を今度は右脇の前へと移動させて、また10秒姿勢を保ってください。これを左右で3セットずつ行ってください。これならば仕事や家事の合間でも簡単に出来ますね。また普段からの姿勢も大切です。猫背になりやすい人は要注意。猫背は肩こりの原因となり血流を悪くします。バストの血流が悪くなると老廃物がたまりやすくなり筋肉の衰えと下垂の原因になってしまうのです。背筋を意識して伸ばし時々は肩甲骨を左右交互にまわしてみましょう。

次は女性ホルモンについてです。女性ホルモン―この場合は卵胞ホルモンであるエストロゲンのことです。エストロゲンは加齢と共に減少していきます。バストアップをめざすには何とかそれを食い止めなければなりません。そこでオススメしたいのが大豆食品です。大豆に含まれる大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きをしてくれるありがたい成分です。女性が1日に摂取するイソフラボンの量は40㎎~50㎎が理想とされています。豆腐だと半丁、納豆だと1パックが目安です。毎日の献立に上手に取り入れてみましょう。

以上、自分で出来る加齢に負けないバストアップの方法を書かせていただきました。一番いけないのはもういいトシだからと自分で自分を諦めてしまうことです。バストアップの習慣を毎日の生活に取り入れて明るく前向きに過ごしてください。そうすれば毎日のケアの効果はぐんと上がっていくものなのです。

1 2 3 4 >