Aカップ バストアップ

胸を大きくしたい!女性ホルモンの分泌を活性化させる食べ物とは?

バストを大きくするために必要な成分として一番最初にあげられるのが女性ホルモンでしょう。男性でも、女性ホルモンの投与を続けることで女性的な体つきへと変化させることができますからね。これを活性化させるには、どうしたらよいのでしょうか。

女性ホルモンは、大きく2つに分けられます。肌や髪にツヤを与えたりバストの生育に影響を与えるのがエストロゲン、妊娠・出産などに影響を与えるのはプロゲステロンです。どちらも大切なものですが、バストアップのためにはエストロゲンを多く含む食品を摂取したいもの。ところが、この成分は体内で生成するしかありません。

外から補うものとして、エストロゲンと似た働きを持つ成分といえば、大豆イソフラボンがあげられます。その名のとおり、大豆製品に多く含まれているのですが、摂取量に注意しなければなりません。月経不順を起こすなど体内バランスを崩してしまうかもしれないからです。毎日豆乳をコップ一杯飲む程度であれば問題ありません。エストロゲンを増やしたいのに、外から補うことには注意が必要なんて少しもどかしいですが、美容と健康を切り離してはいけません。

そこで積極的に取り入れたいのは、エストロゲンの分泌を活性化させる食べ物です。ボロンという成分でこれはホウ素なのですが、多く含まれているものの中で有名なものはキャベツです。ただし、必要な量のすべてをキャベツで摂取することは大変難しいです。なぜなら、ボロンは熱に弱いため。ですから複数の食材から摂らなければなりません。ボロンが含まれている食材は他にもあり、ピスタチオやアーモンドといったナッツ類、レーズンや桃などのフルーツ、海藻類にも含まれています。

また、ビタミンB6がエストロゲンの代謝に必要ですので、これを多く含む食材も積極的に活用したいものです。たとえば鶏肉。レバーがビタミンB6を豊富に含んでいますが、ささみや胸肉も含有量の高い部位です。また、まぐろやかつお、あじやさんまといった魚にも多く含まれています。

中には苦手な食材があるかもしれませんが、ここにあげているものは一例であり、それぞれの成分を含んだ食材はもっとたくさんの種類があります。料理のレシピも豊富で、試していくうちに苦手食材が好きになるかもしれません。これまで日常的に食べていなかったものがあれば挑戦してみたり、今後は意識して食事に取り入れるような工夫をこらすようになり、バランスの良い食生活を送るきっかけになればと思います。

お肌だけじゃない!バストアップのためにコラーゲンは必要なんです!

コラーゲンが美肌に必要なのは、いまさら説明することでもありませんね。そのため女性をターゲットとして、肌から吸収できるようクリームなどに配合されていたり、コラーゲンそのものを経口摂取するため顆粒タイプの商品やコラーゲンたっぷりのドリンクが開発されたりと、枚挙にいとまがありません。

そんな大人気のコラーゲンを必要としているのは、肌だけではありません。コラーゲンとはたんぱくしつの一種で、筋肉や内臓など全身の組織に含まれていて、細胞をつなぎとめる役割をしています。糊のようなものですね。そしてこの糊がたっぷりしていれば、細胞もしっかりと正しい位置で定着することでき、体の線が崩れることも少なくなるのです。もちろん、人間の体はそんなに単純なものではありませんので、これはとても極端な例えなのですが。

コラーゲンを外から補ったところで意味が無い、という話を聞いたことはありませんか?これは正解でもあり不正解でもあります。人体のコラーゲンは体内で生成されるものであり、魚介性や動物性のコラーゲンがそのまま置き換わることはありません。そういった意味では正解なのですが、肌に塗るコラーゲンは保湿成分として配合されており、体内のコラーゲンを増やす目的ではないため、意味が無いと言い切るには抵抗があります。

経口摂取も同様です。体内に摂取したコラーゲンは、いったんアミノ酸へ分解された後、またコラーゲンへと生成されます。こういった加工品からでなく、食事で得たたんぱく質から充分な量を生成できればよいのですが、時代の移り変わりと共に食生活が変わり、現代において、たんぱく質は不足しがちな栄養素のひとつなのです。ですから、いったん別の成分へ分解されるとしても外からコラーゲンを補うことは、無意味ではありません。

では、これをバストアップにどう活かすかといいますと、老化により肌がたるんでくるのは細胞をつなぎとめているコラーゲンが減少してしまうため。これをなるべく減らさず、細胞をぎゅっとつなぎとめておくことでバストのハリを保ち、トップが下がってくるのを食い止めようというわけです。ボリュームにかかわらず、ピンとしたハリのあるバストは魅力的ですからね。

バランスの良い食事で健康的にコラーゲンを生成していくことが理想ですが、最近食生活が乱れているなと感じたり、ちょっとバランスに自信がないなんていうときは、外から補ってみるのも一つの方法ですよ。

サロンへ通う余裕がないなら自宅で出来るバストアップケア

時間的な理由でサロンへ通うことができなかったり、すでにフェイシャルケアや痩身、脱毛に毛穴対策など別のメニューを受けているためバストケアまで始める余裕がないといった場合、自宅で手軽に始められるケア方法があります。とても簡単で、何か道具を揃える必要もありません。

それは、入浴時にバストだけはボディタオルでなく、直接手で洗うというものです。ポイントは、下から上へ、外側から内側へと手を動かすこと。過度な力で乳腺を刺激するのはNGですが、ソープの働きによりオイルを使用したときのような滑らかな動きとなり、適度な力加減での刺激も簡単に実現できます。また、顔と同じように手でやさしく丁寧に洗うことで、きめ細かな肌をキープする助けにもなります。

バストのために一番良いのは、ゆっくりと湯船につかり充分に体を温めてから、時間をかけてマッサージを行なうことです。血行が良くなることでバストアップに必要な栄養素を隅々まで運ぶことができ、筋肉に刺激を与えることで下垂を防ぎキレイな形のバストを保つことができるからです。けれど、毎日続けるにはそれなりに時間の余裕が必要であり、継続は難しい部分もあるでしょう。

この方法なら、どなたでも今日からすぐに始められます。普段はシャワーで入浴を済ませてしまっているという場合でも、体を洗う際ほんの一手間加えるだけです。そして休日など時間に余裕があるときは、きちんと湯船に浸かり、いつもより丁寧に時間をかけてマッサージを行ないましょう。

このとき、お気に入りのオイルをたらしたアロマポットを用意してみたり、少し高級な入浴剤を使うなど浴室の香りを良い気分になるものにするだけでなく、照明を消してキャンドルの明かりで入浴していると、まるでサロンにいるような、ちょっぴり贅沢な気分になりますよ。

メスを入れない手術?エステで人気の光豊胸

確実な成果を上げられるバストアップ方法といえば、やはり豊胸手術でしょう。バストアップさせるためにマッサージやヨガを続けていても、一週間やそこらで効果を感じることはできません。手術であれば、短時間でボリュームアップさせられますし、サイズの違いをはっきりと感じられます。

それでも決心がつかないのは、体内へ異物を取り込むことへ抵抗を覚えたり、目立たない箇所とはいえメスを入れるのは傷跡が目立ちそうで怖いからではありませんか?それに、費用が高くて手が出せないということもあるでしょう。また、豊胸後遺症に関する噂を多く耳にすることで、豊胸手術そのものへ悪いイメージを抱いている方も少なくありません。

そんな中、評判をあげてきているのがエステで受けられる光豊胸術です。これは特殊な光の照射により、バストを細胞から大きくする方法です。単に「特殊な光」と聞くと、やや不安を覚えてしまいますが、使用しているのはカメラやリモコンなどでおなじみの赤外線。この赤外線には近赤外線から遠赤外線まで幅広い波長帯があり、光豊胸はバストアップに有効とされている波長の光を当て、胸部の脂肪細胞を膨張させることによりバスト全体がボリュームアップすることを目的としたものです。

赤外線は日常生活だけでなく医療器具にも使用されており、人体へ悪影響を及ぼす危険がありません。外付けではなく内側から、しかも自分の細胞を利用するのですから、副作用を起こす可能性も極めて低いといえます。ここで気になるのがデメリットですよね。簡単に胸を大きくできて、しかも安全だなんてオイシイ話があるわけないと。

光豊胸のデメリットは、施術直後からいきなり大きくなるわけではないことと、大幅なサイズアップは望めないということです。美容外科で受ける豊胸手術とは違いますので、1回の施術で急激な変化は起こりません。また指定の回数をこなしても、1~2カップ程度しか大きくならなかったということもありえます。自然の細胞を生かした方法ですので、過度な期待していると失望してしまうかも。

しかし、出産後の授乳や加齢によるバストの下垂が気になるといったお悩みや、左右のバランスを整えることが目的であったり、今のバストを維持するためのケアを探しているならば、光豊胸で解決できるかもしれません。費用のことも踏まえ、一度エステサロンで相談してみてはいかがでしょうか。

コルセットがもたらす脱いでも美しいバストとボディライン

女性らしい体つきといえば、バストの丸みはもちろん、キュッとひきしまった腰のくびれも魅力的です。両方を手に入れる方法として、トレーニングやマッサージがあげられますが、そのひとつとして、補整下着の着用も効果的です。

下着専門店でフィッティングを行うと、自分が思っていたサイズと違っていたということが多々あります。これはブラジャーの着用方法であるバストの引き上げ方が足りていなかったということ。ブラジャーを着用するコツは、ストラップを肩にかけ前かがみになり、カップの中から手を入れ、脇や背中へ手を回しバスト全体が収まるよう引き上げることです。着替えを行う際、必ず実行している方も多いことでしょう。

こうして引き上げたものが、日々の動作と共にカップの外へ流れてしまうのを防ぐ機能を持った下着が、コルセットなどの補整下着です。ワイヤーを使い、きっちりと締め付けるタイプは、補整効果も高くその場で美しいボディラインが完成します。しかし、その着用感を苦しく感じてしまうことも。初めて利用するなら、ノンワイヤーから試してみるのがいいかもしれません。パワーネットで引き締め、胸から贅肉を逃がさない作りの商品もたくさんあります。

補整下着の魅力は、着用したときからメリハリボディとなるだけでなく、継続的な長期使用により、下着を着けていない状態でも同様のボディラインとなることが可能だという部分です。しかし、これは短期間で手に入れられるものではありません。早く理想体型になりたいからといって、体に合っていない小さめサイズを着用し続けたり、就寝時にも外さなかったりと無理な使用を続けていては、体に負担がかかり、かえって理想体型から離れていってしまう結果になってしまいます。顔色が悪く肌がボロボロになっている女性を見て、彼女は綺麗な体つきでうらやましいな、なんて思えませんよね。健康と美容は切っても切り離せないものなのです。

職場の更衣室などで、コルセットを長年愛用している女性の着替えを見た人が、コルセットを着けても着けてなくても変わらない体型に驚いたということもあります。しかし、このような効果を上げるには根気が必要です。自分が予想している以上の時間がかかるでしょう。そのため、今すぐ胸を大きくさせたいと願う方には不向きかもしれませんが、年齢を重ねてもバランスのとれたボディラインでありたいと願う方には、選択肢のひとつであるといえます。

30代だからってあきらめちゃダメ、バストの形を崩さないマッサージ

バストに張りがなくなってきたと気づいたり、何気なく触れたバストの感触が以前よりしんなりしていることを発見したときのショックは相当大きなものですよね。そのとき、自分の年齢と照らし合わせ、これは仕方が無いことなんだとあきらめてはいませんか?

そんなことはありません。年齢と共にバストトップが下がってきたりハリを失ってしまうのは、筋肉が脂肪などの重みに耐えられず、支える力が足りなくなり下垂してくるからです。これを防ぐには運動やトレーニングで筋力が衰えないようにすることなのですが、バストアップマッサージも非常に効果が高いものです。マッサージ法が、書籍や映像などの種類を問わず世の中でたくさん紹介されているのは、それだけの理由があるのです。

しっかりとした根拠が示されていて、かつ手軽に始められそうなものを見つけ、よし私もやってみようとチャレンジしてみたことはありませんか。その中で、始めたときのモチベーションをキープしたまま、ずっと継続できている方は全体のうちどのぐらいの割合なのでしょう。

もちろん、日々のマッサージを続けバストケアを怠らない女性はたくさんいらっしゃいます。けれど、「胸とは年齢と共に下へ下がっていくものだ」、「重力には勝てないのだから仕方がない」などと、つい、言い訳に逃げてしまい、日課にしようと決めたマッサージが三日坊主で終わってしまった方も、同じくらい多いのではないでしょうか。

続かない理由として一番大きなものは、面倒くさいと感じてしまうこと。たとえば、足のむくみが気になり入浴時にマッサージを行ったとしましょう。翌朝すっきり解消していると、マッサージを行なった甲斐があったと感じることができます。また、肩こりや腰痛も同様にマッサージの効果を実感することができますよね。しかし、バストに関するマッサージは短期間で効果がはっきり分かるというものではありません。そのため、必要性が薄れてしまい面倒になってしまうのです。

顔を洗えば化粧水を使い、髪をシャンプーした後はコンディショナーやトリートメントを使うのと同じように、マッサージはバストにとって必要な行為です。そして、今から努力したところで失ったものは元に戻らない、などということはありません。「バストアップマッサージ」はその名のとおり、バストをアップさせるためのマッサージです。適度な刺激を与え、リンパの流れを整えることで、以前のハリを取り戻しバストトップをもう一度高くすることだって可能なのです。毎日の習慣に組み込み、年齢に負けないボディ作りを目指していきましょう。

プエラリアだけじゃなく胸を大きくするハーブは他にも沢山!

バストアップに絶大な効果を誇るハーブとして有名なプエラリアですが、とても稀少であり同時に高価でもあるため、この植物を日常的に取り扱うのは、かなり難しいところです。けれど、バストアップ効果を期待できるハーブは、これだけではありません。もっと手軽に活用できるものは、他にも色々あるんですよ。

まずはレッドクローバー。健康促進効果が高く強壮剤として用いられてきたものですが、女性のホルモンバランスを調整する働きもあるためバストアップ効果が期待できます。また呼吸器系に働いて咳を止める効果もありますので、風邪の症状緩和にも役立ちます。レッドクローバーのハーブティは野草の香りとやわらかな甘みが特徴であり、飲みやすい部類です。

次にフェンネル。カレー粉の原料として有名ですが、魚の臭みを消してくれることから魚料理に加えることも多いハーブです。また、食用だけではなくアロマテラピーのエッセンシャルオイルとして使われることもあります。落ち込んでいるときの入浴時にこのオイルを使い、ゆっくりと湯船に浸かることでストレス解消の助けとなるでしょう。女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあるため、バストアップへの期待が高い種類のハーブです。

また、ワイルドストロベリーはいかがでしょう。こちらは耳にしたことのある方が多いかもしれませんね。彼のいない女性がこの鉢植えを育てると、実がなるころには恋人ができている等の、恋を実らせる植物として一躍人気になりました。成分としては、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいるため美容効果の高いハーブとして知られています。実はそのまま食べられますし、乾燥させた葉をハーブティとして楽しむこともできます。大変飲みやすいため、ハーブの香りが苦手という方でもチャレンジしやすいものでしょう。

ハーブというイメージは無いかもしれませんが、ザクロやサンザシも女性に嬉しい植物として有名ですよね。ザクロはスーパーでジュースとして売られていることも多く手に入れやすいです。また乾物店では乾燥サンザシがよく売られており、これを焼酎に漬け込んでサンザシ酒とするのもお勧めです。クセがなく、アルコールの香りが苦手な方でも楽しめます。

ハーブは大変種類が多く、その効能も様々です。バストアップ&冷え性対策を狙ったオリジナルハーブティのレシピを完成させてみたり、料理のスパイスに使って新しい味を作りだすなど、自分に合った楽しみ方を見つけてくださいね。

締め付け不要のバストアップテープで、微乳を美乳に即日変身

キャミソールやタンクトップの出番が増える季節でも、ブラジャーのストラップは見せたくないもの。そのためストラップレスブラを使用することがあるかと思いますが、こちらはズレないようにアンダーがきつく作られています。そのため締め付け感を苦しく感じることがあります。夏の暑い日には、一層苦しく感じてしまうことでしょう。

ストラップ自体が透明になっているものや、見えてもOKなデザインのものがありますが、できれば何もない状態がベストではないでしょうか。そこで近年増加しているのが、「バストへ直接貼り付けるタイプのブラジャー」です。シリコンを使用したブラジャータイプのものをきっかけに、様々な商品を目にする機会が多くなりました。

しかし、ブラジャータイプは手入れや保管に手間がかかります。そこで手軽に利用できるものとして、バストアップテープというようなテープタイプの商品があげられます。こちらはニプレスのようにバストトップを隠すだけでなく、バスト全体を引き上げるものなので、横から見ても綺麗な形を作ることができます。またブラジャーの線がでないので、薄手の洋服もラインを気にせず着こなせます。

夏だけでなく、寒い季節にも活躍します。冬にはクリスマスや忘年会、ニューイヤーパーティなど皆で集まるイベントが多く、ニット素材でも肩を出したデザインの洋服を着ることもあるでしょう。また季節を問わないものとして、結婚式への参加など年間を通じてドレスアップする機会は多いものです。背中の開いた華やかなドレスや、デコルテから肩にかけての女性的なラインを意識したドレスにも、スッキリと見栄えよく対応ができます。

ただ、テープタイプであるため取り扱いには注意が必要です。途中で剥がれたりしないよう、また人体に悪影響を及ぼすことがないよう開発されたものですが、バストはデリケートなので、無理に剥がすと皮膚を損傷してしまう危険があります。また、長時間の使用にあたり湿疹ができる可能性もあります。こうしたものは個人差が大きいため、どんな商品であっても「絶対に安心」とは言い切れません。まずは短時間の使用で、問題がないか確かめるようにしましょう。

手軽なバストアップ方法であるサプリメントの副作用とは?

「サプリメントを服用するだけで憧れのふっくらバストが手に入る」という広告は、とても魅力的ですよね。本当に効くのかなと多少の疑惑を持つのと同じくらい、これなら効くかもしれないという期待を抱いてしまいませんか?こういった商品全てがニセモノというわけではありません。確かな実績を積み上げた信頼できるサプリメントというものも実在します。

理解しておきたいのは、どんな商品であっても副作用のリスクは消えないということ。胸を大きくするために必要な要素のひとつとして女性ホルモンがあげられます。これを体の外部から補うことで短期間に胸をボリュームアップさせようと開発されたのがバストアップサプリメントですが、自身のホルモンバランスを崩す直接の原因となりうるものでもあるのです。

多くのバストアップサプリメントに、プエラリア(ガウクルア)が配合されています。亜熱帯地域の植物であり、女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲン・イソフラボンが含まれているため、バストアップに大きな効果があるとされています。また美肌にも効果があるとも言われ、現地では古くから食されています。この部分だけを聞けば何も問題ないように思えますが、それはこの植物そのものを口にしているからです。しかしサプリメントのように濃縮されたものの場合は摂取量のコントロールが非常に重要なのです。

生理不順の解消方法として婦人科から処方されるホルモン剤であっても、体調を崩してしまい治療を継続できないことがあります。病院で取り扱っているものですら体に合わない場合もあるのに、市販の商品が全く無害であるといえるでしょうか。一般的に「サプリメント服用時の副作用」と聞いて思い浮かべるのは、頭痛や吐き気といった軽い症状でしょう。しかしバストアップサプリメントは、肝障害であったり、不妊症や子宮筋腫といった女性にとって非常に重大な問題を引き起こす可能性があります。もちろん、そういった危険をなくすよう研究が続けられており、市場に出回っている商品は現時点での検査をクリアしているものでしょう。しかし、サプリメントとしての安全性が充分に確認できている、とはいえない部分があることに変わりはありません。

多くの女性がバストに関する悩みを抱えており、効果が高く品質の良い商品があれば一度は試してみたいと思うもの。その気持ちはよく分かりますが、購入前に一歩立ち止まり、副作用のリスクに対して冷静な判断が必要です。

内側から育てたい!プラスワンの食材でバストアップの為の鶏肉レシピ

バストをボリュームアップさせるには、まず食事から!

というのは、決しておおげさではありません。バストを構成している筋肉を作るために必要なものがたんぱく質。日々の食事で不足しがちなたんぱく質を、意識して摂取するよう心がけることもバストアップに一役買います。また筋肉のためだけでなく、血行の流れを良くする効果もあり健康のためにも積極的に取り入れたい成分のひとつです。

バストアップに効果のある食品としてあげられるものといえば、牛乳、チーズ、大豆などがありますが、どれも良質なたんぱく質を豊富に含んでいるものです。古くから「胸を大きくしたいなら牛乳を飲むこと」と言われていましたが、迷信などではなく、科学的にも間違っていなかったわけです。また、鶏肉もバストアップに効果があるとして有名ですね。こちらには動物性コラーゲンによる美肌効果も期待できるため、女性に嬉しい食品です。

ところで、鶏肉のから揚げにレモンは必須派ですか?レモンがなくても気にしない?どちらでも構わないように見えますが、バストのためには、ぜひともレモンを忘れないでほしいところです。なぜならビタミンCには、たんぱく質の吸収を高める効果があるからです。

レモンだけではありません。野菜であればピーマンやブロッコリー、かいわれだいこんにカリフラワー。またロースハムにもビタミンCは豊富に含まれています。果物であれば、いちごやパパイヤ、柿に柚子と季節に応じてたくさんの種類があります。鶏肉を使ったレシピにはこういった食材を取り入れたいものです。

鶏肉には、様々な料理のバリエーションがあります。煮ても焼いても美味しい食材であり、値段も手ごろであることから日々の食卓に登場する機会も多いことでしょう。新しい鶏肉レシピに挑戦しなくても、一緒に並べる料理で摂取することもできます。これまでの料理に加え、ビタミンCを豊富に含む食材を一緒に摂れるようメニューを工夫してみてください。

1 2 3 >